老健看護師のメリット・デメリット

老健看護師TOP >> 老健看護師の基礎 >> 老健看護師のメリット・デメリット

老健看護師のメリット・デメリット

どんな仕事にもメリット、デメリットがあります。最近求人が多いと言われている老健看護師のメリット、デメリットはどのような点があるのでしょう。まずメリットからですが、介護老人保健施設では、入居者が自立していくのを支援するところですから、入居者はリハビリで段々と自立していきます。最終的には自宅に戻るか、もしダメなら別の介護施設に移っていくことになります。看護師はリハビリを手伝ったり、生活全般のサポートを行ったりします。重篤な人はいませんので施設全体が明るいところが多いのが良いところです。入居者が自立していく喜びややりがいが感じられます。

介護老人保健施設では医師が常駐しています。医療ケアが行われるため、病院と同じような働き方ができるのもメリットです。他の介護施設では、医療的な判断を看護師が行うことがあり、それがストレスになることもあるのですが、介護老人保健施設では医師がいますのでその点は心配ありません。もし入居者の中で急変した人がいても、医師がいるので看護師への負担は少なくなります。また、一般の病棟と違い、急患が来ることもありませんし突発的なこともあまりないので看護師はあまり残業することはありません。施設によっては、日勤のみのところもあるので働きやすいと言えます。

では、デメリットはどんなところでしょう。介護老人保健施設では、介護士と看護師が一緒に働きますから仕事の境界線がどこまでかはっきりしないことがあります。どこまで踏み込んだら良いのかよくわからず、看護師は介護職との連携が難しいと言いますし介護職は看護師との連携が難しいと言い、人間関係がこじれることがあります。入居している患者さんよりも、介護職の人との関係を作ることの方が難しいとも言われています。また、施設によりますが看護師も夜勤があります。夜勤があって大変なのに、給料そのものが病院よりも少ないということがあります。病院に近い働き方をするのに、看護師としてあまりスキルアップできないというのもデメリットです。医療行為が病院ほどありませんので、スキルアップを望むのは少々無理があると言えるでしょう。

老健看護師のメリット、デメリットを理解し、その上で自分はここで本当に働きたいかをもう一度考えてから就職活動をするようにしましょう。転職して老健看護師になったけれど、またすぐ転職することになるようでは困りますので慎重に検討するようにしましょう。

老健の看護師求人に強い!看護師転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
医療ワーカー 無料 全国 株式会社TS工建 詳細
看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細

Copyright (C) 2013-2018 老健看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.