老健看護師の役割・仕事内容

老健看護師TOP >> 老健看護師の基礎 >> 老健看護師の役割・仕事内容

老健看護師の役割・仕事内容

看護師経験がある方でも、老健がどのような施設なのかイマイチよくわからない人が意外と多いようです。老健看護師の役割・仕事内容についてお話しする前に、老健とはどのような施設なのか、少し説明しておきます。

老人保健施設とは都道府県の許可を受けた非営利団体(医療法人・社会福祉法人・地方公共団体など)が開設する施設を指します。入居可能な人は、要介護1〜5までの高齢者で、要支援者はサービスを受けることは出来ません。老健の大きな目的として、家庭的な雰囲気のもとで高齢者の自立を支援し、なるべく早く住み慣れた家に戻れるように支援する事があります。病院からすぐに自宅療養に移ることが難しい人を受け入れて、状況が整ったら退所に向けてのサポートをします。つまり老健は、医療施設と家庭を結ぶ架け橋のような役割をしているのです。またその他にも、ショートステイや通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションなど、居宅介護を支援する目的のサービスも提供しています。

老健看護師の役割・仕事内容について、既に上記の説明だけでおおよその理解をしていただけたと思います。老健は医療行為の必要度が高い人の療養上の世話をしつつも、「自分で出来るところは自分でする」「自宅に帰った時の事を想定して日常生活を送る」という2点を意識した関わりが必要となります。そのためには、看護師だけではなく、介護スタッフと連携して、入居者一人ひとりの目標に向けたケアを提供していきます。老健では、日常生活自体がリハビリテーションになるという考えが基本となるため、機能訓練の状況に合わせたADL介助を行います。

また老健は特別養護老人ホームとは違って、医療の必要度が高い人が多く入居しているという特徴があります。そのため、施設勤務でありながら、吸引やインスリン注射など、処置を行う場面が多いと考えておきましょう。もちろん、入居者の内服薬の管理も全て看護師が行います。高齢者によく使用される薬剤(降圧剤・血糖降下剤・緩下剤の他、点眼薬・各種軟膏など)について、幅広い知識が必要になります。夜間は看護師1人と介護職員1人がペアになって仕事をすることになるので、介護職員からの相談・質問に答えたり、時には指示を出すこともあります。介護職員は医療行為が出来ませんが、急変時の外回りの仕事は出来るので、いざという時の事を想定して日頃からコミュニケーションをしっかり取っておく必要があります。

老健の看護師求人に強い!看護師転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
医療ワーカー 無料 全国 株式会社TS工建 詳細
看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細

Copyright (C) 2013-2018 老健看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.